アロマのプロをあなたの現場に派遣します

導入例

導入方法1
無料アロマセミナー・・・アロマセラピストによるアロマの紹介

介護施設においては1つのアクティビティーとして設定していただくことも可能です。
一回あたり数十分など、利用者の方やそのご家族、施設スタッフの方々にお集まりいただき、エッセンシャルオイルの力や、身近な活用方法について、講義や実演を行います。一回だけではなく、定期的にテーマを変えて行うことも可能です。(例:認知症予防、関節症対策など)
とりあえず手軽に初めてみられたいという場合はこの無料アロマセミナーから始めてみられることをおすすめいたします。その後、噴霧器の設置やアロマルームの設置なども必要であればぜひご検討下さい。

導入方法2
院内、施設内芳香・・・ディフューザー(噴霧器)導入

aroma-rose香りは良くも悪くもその人に強いイメージを与えます。訪れる方にぜひ良いイメージを持っていただくためにも、アロマディフューザー(噴霧器)の導入をぜひご検討下さい。
施設ご利用者の方だけでなく、現場スタッフの方々も香りをお楽しみいただきながらお仕事に従事していただけます。不安やイライラの軽減、またニオイ対策やリラクゼーションとしてご利用下さい。

導入方法3
メディカルアロマトリートメント・・・院内、施設でのアロマルームの設置

トリートメント医院や施設にアロマルームを設置していただき、私どもより定期的にアロマテラピストを派遣させていただき、ご希望者を対象にアロママッサージを行います。
施設ご利用者だけでなく、そのご家族、院内スタッフ(福利厚生)等を対象にトリートメントを行うことも可能です。

PAGETOP
© 2015-2018一般社団法人日本アロマケア協会